本文へ移動する

TOP

お問い合わせ

サイトマップ

標準

特大

文字サイズ

一般の方

会員の方

団体会員の方



ここから本文です。

臨床心理士に出会うには


臨床心理士の面接療法

臨床心理士が面接で行う「臨床心理学」を基礎とした相談・支援の方法

遊戯療法

子どもの心理療法の中心は遊戯療法です。

遊戯療法が展開するプレイルームでは、子どもは、セラピストとの関係性に守られ、自分自身に開かれてゆきます。
子どもの全身に遊戯を産む「いのち」が生まれます。プレイルーム(遊戯室)では、「安全」にして「自由」であることが保障されますから。そして、子どもの「心理課題」をもたらしている「こころの世界」が表現されてゆきます。

遊戯療法に箱庭療法が取り入れられたことにより、身体遊びや、ごっこ遊び、粘土や絵画や箱庭などの表現遊びも、子どもの「こころの世界」が表現されたものと理解することができます。「遊び」は「意味」として受けとめられるようになったのです。

ぜんそく、夜尿、アトピー性皮膚炎、下痢、腹痛などの身体症状をもつお子さんに。不登校、チック、吃音、緘黙(かんもく)、暴力がみられるお子さんに。言葉の遅れや、自閉症、ADHD(注意欠陥/多動性障害)、アスペルガー症候群といった発達障害のあるお子さんに。

遊戯療法は、子どもが抱える「心理課題」の解決に有効性の高い心理療法です。

ここからサブメニューです。

臨床心理士に出会うには

会員ページ利用申込

会員の方で、初めて当会ホームページをご利用の方は、こちらよりお申込みください。


新規入会申込

日本臨床心理士会へ未入会の方は、こちらよりお申込みください。


電話でのご相談

一般電話相談 3813-9990

モバイルサイト

携帯電話等で
http://www.jsccp.jp/m/
にアクセスしてください。
バーコードリーダー機能を搭載の場合は、QRコードを読み取って下さい。

臨床心理センター講座 受付中


PAGE TOP

個人情報保護方針

お問い合わせ

リンク

当会ホームページへのリンクをご希望される方は、事務局(office@jsccp.jp)までご一報ください

Copyright(C) Japanese Society of Certified Clinical Psychologists All Rights Reserved.