本文へ移動する

TOP

お問い合わせ

サイトマップ

標準

特大

文字サイズ

一般の方

会員の方

団体会員の方



ここから本文です。

臨床心理士に出会うには


臨床心理士の面接療法

臨床心理士が面接で行う「臨床心理学」を基礎とした相談・支援の方法

内観療法

内観療法では、クライエントは研修所に1週間こもって、自分の身近な人々(母、父、配偶者、子ども、職場の人々など)との関係を、1.世話になったこと、2.世話をして返したこと、3.迷惑をかけたことの3点に絞って想起します。

そして、1~2時間ごとに3~5分、1日8回、カウンセラーとの面接があり、内観した内容を簡潔に報告します。
内観がうまくいくと、自分の自己中心性が自覚され、周囲の人々からの愛情に感謝できるようになります。

その結果、情緒が安定し、思いやりが出て、対人関係が好転し、本来の自己を取り戻すきっかけになります。
内観療法は親子や夫婦や職場の人間関係の不和・非行・不登校・うつ状態・アルコール依存・心身症などの問題の改善に効果があります。

残念ながら、研修してもすぐ効果が現れない場合もありますが、後から効果が出てくることもありますから、長い目で見ることが必要です。

ここからサブメニューです。

臨床心理士に出会うには

会員ページ利用申込

会員の方で、初めて当会ホームページをご利用の方は、こちらよりお申込みください。


新規入会申込

日本臨床心理士会へ未入会の方は、こちらよりお申込みください。


電話でのご相談

一般電話相談 3813-9990

モバイルサイト

携帯電話等で
http://www.jsccp.jp/m/
にアクセスしてください。
バーコードリーダー機能を搭載の場合は、QRコードを読み取って下さい。

臨床心理センター講座 受付中


PAGE TOP

個人情報保護方針

お問い合わせ

リンク

当会ホームページへのリンクをご希望される方は、事務局(office@jsccp.jp)までご一報ください

Copyright(C) Japanese Society of Certified Clinical Psychologists All Rights Reserved.