一般社団法人 日本臨床心理士会
東京大学大学院教育学研究科 心理教育相談室 相談・支援内容
TOP > 臨床心理士に出会うには 検索結果一覧 > 東京大学大学院教育学研究科 心理教育相談室 > 相談・支援内容

相談・支援内容 詳細
■対象としている年齢
児童 / 少年・青年 / 成人 / 高齢者
■臨床心理士の性別
男性 / 女性
■対象としている課題
発達障害 / 不登校・いじめ・学校不適応 / 引きこもり / 摂食障害 / 心身症 / 神経症 / うつ病 / 職場のメンタルヘルス / 家庭・夫婦の問題 / 身体疾患を持つ人への心理的ケア / 高次脳機能障害・認知症/ 備考:性に関する問題
■相談や支援の方法
遊戯療法 / 箱庭療法 / 来談者中心療法 / 行動療法 / 認知行動療法 / 統合的アプローチ / 知能検査・発達検査 / EAP、産業カウンセリング
■来所以外の相談

■機関内で受けられる医師による診療
連携している医療機関(機関外)がある
■平日昼間以外に開業している時間
平日の夕方5時以降 / 土曜日
■身体障害への対応
車いす利用者
■日本語以外への対応
英語 / 韓国語
■料金
・有料
・その他:受理面接4,000円、個人面接3,000円、プレイセラピー2,000円、保護者面接2,000円、コンサルテーション4,000円、検査面接3,000円、文書料2,000円  *保護者のみの相談は不可
・心理テスト:WISC-III,WAIS-III,ロールシャッハ等、相談を進めるにあたって必要と考えられるものを、組み合わせて行っている。
■専門家に対するサービス
心理面接・心理療法
⇒前のページに戻る
⇒検索結果一覧に戻る
⇒別の条件で探す
▲上へ
■臨床心理士とは
■臨床心理士の面接療法
■臨床心理士に出会うにはTOP
■サイトマップ

Copyright(C) Japanese Society Of Certified Clinical Psychologists All Rights Reserved.